DVDをつくる
  • DVDプレス
  • DVD海外プレス
  • DVD国内プレス
  • DVD-Rコピー
  • DVD作成
  • ROMプロテクト
CDをつくる
  • CDプレス
  • CD海外プレス
  • CD国内プレス
  • CD-Rコピー
  • ROMプロテクト
Bli-rayをつくる
  • BD海外プレス
  • BD-Rコピー
  • BD作成
テープへダビング
  • HD業務用ダビング
  • SD業務用ダビング
映像データへ変換
  • 映像データ変換
  • 海外方式変換
映像をつくる
  • ビデオ撮影プラン
  • おまかせ映像編集プラン
  • ナレーション収録
デザイン/印刷
  • デザインサポート
  • ジャケット印刷
ケース・パッケージ
  • ケース・パッケージ
  • オリジナルケース

コピーガードnavi

  • 送料について
  • アクセス
  • 採用情報
    • メッセージ・求める人材像
    • 企業理念・ビジョン
    • 沿革
    • 数字で見るイメージ・ジャパン
    • クライアント
    • 募集要項
    • エントリー
  • 個人情報保護について
  • 特定商取引に関する表示
  • 免責事項

注目企業50

GSLを通じて環境貢献に取り組んでいます。

動画マーケティングの教科書

品質管理体制

海外取引における全ての業務を当社スタッフが担当しますので、初めてのお客様でも、安心して、簡単に大量プレスをご注文頂けます。当社が一番重視しているのが、安定した「最高品質」のディスクをお届けすることです。高い品質保持のために、どのようにディスクが製造されているのかご案内いたします。

詳細はこちら

よくある質問

  • プレスとコピーの違いは何ですか?
    DVD-R、CD-Rといった既成のディスクを使用して、データを焼き付けていきます。ドライブメーカー、対応規格によっては、互換性が100%ではありませんが、短納期での納品が可能になります。
  • 国内プレスと海外プレスの選ぶ基準は?
    『予算』『スケジュール』が一番のポイントになります。コストを安くあげるのなら海外プレス、スケジュール優先なら国内プレスです。
  • オリジナルパッケージの製作は可能ですか?
    可能です。 コスト、数量、用途によって、提案させて頂きますので、当社営業まで気軽にお問合せ下さい。

DVDパッケージや印刷デザインで業者をさがす


初めてDVDコピーサービスを利用したい、ケースに入れて配布したい、けれどケースのイメージはできても名前がなかなか出てこないということがあります。
そこで改めてDVDのケースやパッケージ、印刷を中心にまとめてみました。


商品のDVD やCDのパッケージ

一般的に、店頭に並ぶ商品CDやDVDで広く使われているケースが「ジュエルケース」「トールケース」です。 
主に既製品のDVDでよく使われているのがプラスチック製の縦長の長方形をした「トールケース」。
CDアルバム等でよく使われている正方形に近い固い透明のプラスチック製のものが、10mm厚の「ジュエルケース」で、Pケースとも呼ばれています。
これらは統一された規格サイズで広く流通しているので、既存の商品DVDやCDとあわせての陳列や、収納・保管に 適しています。
また、常時お取扱いしていますので、プレス等で大量複製するときだけでなく、少量のDVDコピー、CDコピーや短納期・お急ぎのご利用でもお求めやすくなっております。

Tallcase
また、コンパクトで丈夫な「スリムケース」(5mm厚)も店舗様に配布する店頭用のプロモーションDVDをはじめサンプル音源CD、会議の資料用DVDやデータCDなどの用途で人気です。

お得に作れるデザインケース

豪華版DVDや限定版CDなどのイメージが強いオリジナルデザインのパッケージですが、DVDを大量生産する際、ディスクとセットでケースから作るとお得になる場合もあります。
こだわりのデザインのパッケージは、ミュージシャンやバンド等の楽曲CDやライブDVDだけでなく、記念イベントや地域振興行事での配布用DVD、フォトスタジオで撮影された思い出の写真データ入りCDの保存用などさまざまに活用されています。
印刷面を広く確保できる形状のパッケージが多いのでいわゆる「SNS映え」を意識した作品にも生かせます。

Kamijake

商品のDVD やCDのパッケージ

CD・DVDコピーでの複製も盤面はフルカラー印刷対応で十分表現の幅は広いのですが、プレスではさらに自由度が高くなります。
コピーでの複製では、盤面は白地のディスクにインクジェットで印刷をする形になりますが、ディスクから製造するプレスでの大量複製なら、オフセットでのフルカラー印刷はもちろん、下地の銀板を見せたり、シルク印刷では豊富な色数のDICカラーに対応しており、メタリックカラーや透明インク(クリアカラー)での印刷もお選びいただけます。
海外プレスサービスの場合は盤面上に原産国表示等の義務付けがありますが、それも自由に意匠を凝らすことができます。
(http://www.imagejapan.com/theme01/column05/)


お客様の用途や価格に合わせたDVDパッケージ選びはもちろん、使いたい色やかたちから目を向けてみる際のお力になれたら幸いです。

Copyright(C)2014 IMAGE JAPAN All rights reserved.