DVDをつくる
  • DVDプレス
  • DVD海外プレス
  • DVD国内プレス
  • DVD-Rコピー
  • DVD作成
  • ROMプロテクト
CDをつくる
  • CDプレス
  • CD海外プレス
  • CD国内プレス
  • CD-Rコピー
  • ROMプロテクト
Bli-rayをつくる
  • BD海外プレス
  • BD-Rコピー
  • BD作成
テープへダビング
  • HD業務用ダビング
  • SD業務用ダビング
映像データへ変換
  • 映像データ変換
  • 海外方式変換
映像をつくる
  • ビデオ撮影プラン
  • おまかせ映像編集プラン
  • ナレーション収録
デザイン/印刷
  • デザインサポート
  • ジャケット印刷
ケース・パッケージ
  • ケース・パッケージ
  • オリジナルケース

コピーガードnavi

  • 送料について
  • アクセス
  • 採用情報
    • メッセージ・求める人材像
    • 企業理念・ビジョン
    • 沿革
    • 数字で見るイメージ・ジャパン
    • クライアント
    • 募集要項
    • エントリー
  • 個人情報保護について
  • 特定商取引に関する表示
  • 免責事項

注目企業50

GSLを通じて環境貢献に取り組んでいます。

動画マーケティングの教科書

品質管理体制

海外取引における全ての業務を当社スタッフが担当しますので、初めてのお客様でも、安心して、簡単に大量プレスをご注文頂けます。当社が一番重視しているのが、安定した「最高品質」のディスクをお届けすることです。高い品質保持のために、どのようにディスクが製造されているのかご案内いたします。

詳細はこちら

よくある質問

  • プレスとコピーの違いは何ですか?
    DVD-R、CD-Rといった既成のディスクを使用して、データを焼き付けていきます。ドライブメーカー、対応規格によっては、互換性が100%ではありませんが、短納期での納品が可能になります。
  • 国内プレスと海外プレスの選ぶ基準は?
    『予算』『スケジュール』が一番のポイントになります。コストを安くあげるのなら海外プレス、スケジュール優先なら国内プレスです。
  • オリジナルパッケージの製作は可能ですか?
    可能です。 コスト、数量、用途によって、提案させて頂きますので、当社営業まで気軽にお問合せ下さい。

DVD原産地国表示の例


DVDプレスの値段の背景にあるもの

DVDプレス(DVD大量複製)サービスは、いろいろな会社がサービス提供していますが、インターネット上では、低価格を謳う会社がとても多くあります。
一方で、それらの会社の2倍程度の価格の会社もあります。

一体この違いはどこから来るのでしょう?
DVDプレスで使用されるDVDはポリカーボネートを原料としています。
ドロドロに溶かしこんだポリカーボネートを、金型を使って大量生産するだけなら、安くできるでしょ!と思われがちですが、実は原価には意外なものも含まれています。

それはライセンス代。

DVD規格の成り立ちは複雑で、1枚のDVDの中には多くの会社の技術、特許が絡んでいます。
ディスクだけでいうなら、DVD FLLC、3C(OneRed)、6Cなどが代表的なものとして挙げられます。

・DVD FLLCは、DVD Format/Logo Licensing Corporationの略で、東芝、ソニー、松下など10社共同出資の会社で、DVDのロゴの使用許諾を発行します。
・DVD3Cは、ソニー、フィリップス、パイオニアの3社によって設立。後にLGが加わり、名称もOne-Redと変更しています。
・DVD6Cは、東芝、日立、松下、三菱電機、日本ビクター、ワーナーにより設立。後にシャープ、三洋、SAMSUNGが加わり現在9社で構成されています。

上記の違いは、DVD FLLCがライセンスされた製品にロゴ表記使用許諾するというものに対し、3C、6CはDVDディスク、DVD機器の技術的なライセンス提供になります。

プレス会社は、このいずれのライセンスを取得している必要があり、1つでも欠けているとライセンス違反となります。

ライセンス不払いで起きた大事件

光ディスクの製造国と言ったら台湾ですが、以前、台湾にはHongshengというプレス工場がありました。

Hongshengは日本向けのDVDを多く取り扱っていましたが、上記の6Cライセンスだけ取得していませんでした。
その結果、DVD6Cの主幹会社、東芝より数億円の訴訟が起き、事業継続ができなくなりました。
そのタイミングで生産していたDVD、過去のプレススタンパーなどは、すべて国外輸出できず、日本のお客さんは泣き寝入りしたという出来事がありました。

このような事件が起きてもなお、DVDライセンス代を払っていない工場が韓国、台湾にもまだ残っています。
ライセンス代は、1枚のディスクでも相当な重みとなって来るため、ライセンス代を払っているか、いないかで、DVDディスクの単価は全く異なります。

DVDプレス工場の多くは、赤字体質のため、常に工場をフル稼働させなければならず、価格もありえないほどの低価格となっています。
そういう会社はマスター管理もずさんですので、注意が必要です。

当社では、毎年台湾工場へ出向き、監査を行い、ライセンスを払っている工場とのみ取引をしておりますので、ご安心ください。

Copyright(C)2014 IMAGE JAPAN All rights reserved.