DVDをつくる
  • DVDプレス
  • DVD海外プレス
  • DVD国内プレス
  • DVD-Rコピー
  • DVD作成
  • ROMプロテクト
CDをつくる
  • CDプレス
  • CD海外プレス
  • CD国内プレス
  • CD-Rコピー
  • ROMプロテクト
Bli-rayをつくる
  • BD海外プレス
  • BD-Rコピー
  • BD作成
テープへダビング
  • HD業務用ダビング
  • SD業務用ダビング
映像データへ変換
  • 映像データ変換
  • 海外方式変換
映像をつくる
  • ビデオ撮影プラン
  • おまかせ映像編集プラン
  • ナレーション収録
デザイン/印刷
  • デザインサポート
  • ジャケット印刷
ケース・パッケージ
  • ケース・パッケージ
  • オリジナルケース

コピーガードnavi

  • 送料について
  • アクセス
  • 採用情報
    • メッセージ・求める人材像
    • 企業理念・ビジョン
    • 沿革
    • 数字で見るイメージ・ジャパン
    • クライアント
    • 募集要項
    • エントリー
  • 個人情報保護について
  • 特定商取引に関する表示
  • 免責事項

注目企業50

GSLを通じて環境貢献に取り組んでいます。

動画マーケティングの教科書

品質管理体制

海外取引における全ての業務を当社スタッフが担当しますので、初めてのお客様でも、安心して、簡単に大量プレスをご注文頂けます。当社が一番重視しているのが、安定した「最高品質」のディスクをお届けすることです。高い品質保持のために、どのようにディスクが製造されているのかご案内いたします。

詳細はこちら

よくある質問

  • プレスとコピーの違いは何ですか?
    DVD-R、CD-Rといった既成のディスクを使用して、データを焼き付けていきます。ドライブメーカー、対応規格によっては、互換性が100%ではありませんが、短納期での納品が可能になります。
  • 国内プレスと海外プレスの選ぶ基準は?
    『予算』『スケジュール』が一番のポイントになります。コストを安くあげるのなら海外プレス、スケジュール優先なら国内プレスです。
  • オリジナルパッケージの製作は可能ですか?
    可能です。 コスト、数量、用途によって、提案させて頂きますので、当社営業まで気軽にお問合せ下さい。

DVDプレス コピー お得なのはどっち?

ズバリ、値段が安いのはどっち?

DVDやCDを複製する場合、プレスとコピーのどちらがお得なのでしょうか?
個人でも気軽に行えるコピーの方がお得!と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、実は、枚数によってはコピーよりもプレスの方が安くなる場合があるのです。
DVDプレスには、海外プレスと国内プレスという2種類の生産方法があり、海外プレスの方が国内プレスよりも安く生産することが可能です。
もちろん、納期やオプション等によって金額は変わってきますが、300枚以上のCD・DVDを生産する場合、海外プレスが最も安いと言えます。
そのため、大量にDVD・CDを複製したい場合はプレスの方がお得で、300枚未満の場合はコピーの方がお得となります。
ズバリ、値段が安いのはどっち?

プレスとコピーの違いとは

上記では単純な値段の比較をしましたが、プレスとコピーでは様々な違いがあります。 それぞれの特徴を鑑みると、価格が安い=お得であると単純に決定づけることはできません。

DVDコピー、CDコピーについて


値段だけでは決められない部分も

まず、コピーはDVD-RまたはCD-Rにデータを焼き付ける方法です。
わかりやすい例で言うと、紙に蛍光マーカーを塗るようなイメージで、DVD-R、CD-Rのデータ面の色素を光レーザーで変質させることで記録させます。
ですから、経年劣化により、データが読み取りできなくなることがあります。特に、太陽光(紫外線)があたる場所で置いたまましておくと劣化が早まります。
また、再生プレーヤー(ドライブ)、ディスクメーカーとの相性など、プレーヤーでも確実に再生が可能とは言い切れません。
また、レーベルの印刷は、基本はインクジェット印刷となるため、プレス品と比べると劣る部分があります。
コピーは少ロットの場合価格が抑えられる利点がありますが、品質を求めるのであれば、プレスの方がおすすめです。
しかし、納期はプレスよりも格段に早く、通常納期は2営業日から、枚数にもよりますが、特急の場合は当日から出荷することが可能です。
少ない量で、早さと安さを優先したい場合はコピーをおすすめします。

DVDプレス、CDプレスについて


値段だけでは決められない部分も

一方、プレスは、データを焼き付けるのではなく、物理的な凹凸をつけることでデータをディスクに記録させる方法でディスクを複製します。
鯛焼きのようなイメージと言ったらわかりやすいでしょうか。
規格が世界共通のため、ディスクが再生できない可能性は非常に低くなります。
100枚以上でディスクの流通販売を検討されている場合は、少数生産でもプレスを選ぶ方が良いでしょう。
レーベルの印刷は、シルク印刷かオフセット印刷になり、コピー品と比べると綺麗な仕上がりになります。
しかし、制作工程が増える分、コピーに比べると納期は1~2週間前後かかります。 国内プレスと海外プレスでは品質に大きな差はありませんが、海外プレスの場合、レーベル上に「Pressed in Taiwan」の原産地表示が必要となります。
原産地表示に問題がある場合は、国内プレスが良いでしょう。

このように、コピーにもプレスにも、それぞれメリット、デメリットが存在します。
ディスクの複製を検討される際は、価格だけではなく、コピー、プレスそれぞれの特徴を考慮した上で決めることをおすすめします。

Copyright(C)2014 IMAGE JAPAN All rights reserved.